beyerdynamic Xelento、AK T8iE MkIIの試聴 イヤホン選び2017年 その3

amahikasです。
イヤホン選びその3です。
今回はXelentoとAK T8iE MkIIを聴いてきました。
Xelentoは前にポタ研2017冬で試聴をしていて中域と低域は気に入ったものの高域がいまひとつ評価でした。
AK T8iE MkIIは友人に何度か聴かせて、良い印象を持っています。

今回のイヤホン選びの選定条件や候補についてはその1の記事に記載しました。

amahikasです。 いよいよイヤホン(インイヤーモニター、以下IEM)選びを始めたいと思います。 イヤホン(IEM)についてはこ...

試聴環境

Cayin i5 DAPが修理中のため、今回もOPUS #3を使用しました。
試聴に使う音源はいつもと同じ曲です。
主にCDから取り込んだAppleロスレス(ALAC)で、試聴に使う曲や聴きどころについてはこちらを参考にしてくださいませ。

amahikasです。 昨年のうちに更新しておきたかったのですが、インフルエンザにかかってしまって更新ができませんでした。 今回は私...

なお、直前までOPUS #3Pinnacle P1(ケーブルはClear forceでバランス接続)を使ってました。

Xelentoの試聴結果

Xelento(イベント時に撮影)

今回の試聴ですが、OPUS #3はNormalゲインでエフェクター類はすべて無効にしてあります。
XelentoははOPUS #3の3.5mmジャックに直接接続しています。

Rangers / A Fine Frenzy

低域が出すぎと感じます。さらに全体的にこもって聞こえますね。
低域の量感とキレは相変わらず好みなんですが、ちょっと出すぎと感じます。
 
この曲にしては高域が聞こえなくなってますし、ボーカルも埋もれてます。
ナチュラルな傾向は良いんですが、低域が強すぎますね。

At The End Of The Day / Les Miserables

この曲も同じように感じます。低域が出過ぎなのと全体的にこもって聞こえますね。
低域だけを聞くならこれでも良いのですが、、、

Master of Puppets / Metallica

迫力やスピード感はありますし、低域の解像力も高いのですが、低域が多すぎて高域と中域が埋もれてますね。
全体的にこもるのはこれまでの曲と同じ傾向です。

Rio Rush / Fourplay

ジャズだと雰囲気も変わるかなと思って聴いてみましたが、この曲もこれまでと同じ結果でした。

Bisso Baba / Bob James

この曲も同様ですね。
元々、低音の量がすごい曲なのですが、さらにすごいことになってしまいました。(笑)
その代わり、ピアノやシンバルの音はほとんど聞こえないです。

AK T8iE MkIIの試聴結果

AK T8iE MkIIですが、初代のAK T8iEを一度、店頭で試聴したことがあります。
この時にこもるように聞こえたので、AK T8iEとAK T8iE MkIIは私の好みには合わないのかなと思ってました。
友人に聴かせてもらった時の印象が良かったので、今回、候補に入れることにしました。

AK T8iE MkIIの試聴はXelentoと一緒で、OPUS #3はNormalゲインでエフェクター類はすべて無効、XelentoははOPUS #3の3.5mmジャックに直接接続しています。

Bisso Baba / Bob James

こちらも低音は少し多すぎると感じましたが、Xelentoほどではありません。それと高域もちゃんと聞こえます。Xelentoよりもいい印象でした。
全体的にウォームで、音場が広い傾向になります。解像力は少し落ちるという印象です。

Rio Rush / Fourplay

この曲は印象が良かったです。
高域はさほど主張はしないものの最低限の量は出ていて、粗くなったり軽い音になるということはありませんでした。
低域はXelentoに比べると少なめですが、自分がイメージする低音は量、深さともに十分に出ています。
ただし、キレはあまりなくて少しぼんやりとした音像になっています。

Master of Puppets / Metallica

この曲には合いますね。
もともと低音がそんなに低いところまで音源に入ってないので、T8iE MkIIで聞いても低音過多とは感じませんでした。
解像力が低いのも音源通りなので問題ないです。

この曲は他の製品で聴くよりも聴きやすくなると感じました。音源の粗をうまく隠してくれますね。
ひとつだけ気になったのはスピード感ですね。反応は少し鈍いタイプと感じました。

At The End Of The Day / Les Miserables

この曲では音場の広さを感じました。会場の広さがよく伝わりますね。
高域はもう少し出て欲しいと思うものの物足りなく感じるほどではありません。
中域は主張しすぎず、曲を支える役割に回ってるように感じます。
オーケストラの迫力はよく出てますし、これまで聴いてきた曲だと一番合うという印象ですね。

Rangers / A Fine Frenzy

この曲も良かったです。
低域はややボワつくか、ボワつく一歩手前という微妙なところでおさえてあります。
キレはあまり感じられませんが、量感たっぷりです。
高域は相変わらず量は少ないのですが、ちゃんと聞き取れるのがいいですね。

まとめ

Xelentoのまとめ

音量は125前後で聴きました。
装着感は最初に試聴をしたときに感じたようにとても良かったです。
ちなみに今回は純正のイヤーピースで試聴しました。

音ですが、これまで何度か聴いた印象とあまりにも違ったので、私の耳にうまくフィットしていなかったんだと思います。
音がちゃんと聞こえるように何度も位置を変えてみたんですが、ダメでした。

店頭試聴機の調子が悪かったのか、うまくフィットしていなかったのかわかりませんが、このまま終わらせるには惜しいのでXelentoはイヤーピースを変えて一度聴いてみたいと思います。

今回の試聴に関しては前述した通りです。
これまでの良い印象がなかったら候補から落としてました・・・。

AK T8iE MkIIのまとめ

音量は115前後で聴きました。
装着感はXelentoと変わりません。なかなか耳に合うイヤホン(IEM)がない私でも常用は可能かなと思います。

全体的にT8iE MkIIの印象は良かったです。
私の好みだともう少しキレがあってクール且つ落ち着いた音のほうが好きなんですが、T8iE MkIIはリスニングに適したいい製品だなと感じました。

それと、音源の音が悪くてもそれなりに聴かせるのがうまいですね。
粗が目立たなくなりますし、少しふくよかな音になるという印象を受けました。全体的に効きやすくなるのは好感です。

まとめ

XelentoとT8iE MkIIはイヤーピースを普段私が使っているSpinfitからortofonにして聴いてみたいと思います。
Xelentoについては通常ならこの時点で候補から外すんですが、いままでいい印象だったので今回の試聴になんらかの問題があったと思いたいです。

逆にT8iE MkIIは全体的に好印象でした。
特に古い音源を聴くにはいいです。
現代的なかっちりとした音を聴く場合は、これまで聴いてきたDORADOHS1551のほうが印象が良かったです。
個人的な好みでいうとT8iE MkIIはウォームすぎて少しぼんやりとした音という感じました。もう少しシャープさやキレ、解像力があると好みに合うと思います。

今回は以上です。
以下の記事も併せて参考にしてくださいませ。

amahikasです。 イヤホン選びその2です。 今回は前に試聴をしたAcoustuneのHS1551 CUとDITAのAnswer...
amahikasです。 いよいよイヤホン(インイヤーモニター、以下IEM)選びを始めたいと思います。 イヤホン(IEM)についてはこ...
久しぶりの気ままに試聴シリーズです。 ついに発売されたbeyerdynamicのイヤホンXelento Remoteですが、在庫切れが続...

その後、XelentoとT8iE MkIIを再度試聴してきました。特にXelentoについてはだいぶ印象が良くなりました。

amahikasです。 イヤホン選びその4です。 前回はXelentoとAK T8iE MkIIを聴いてきました。 残念ながら印...