【iPhone】IIJmioからauにMNP転出の手順を紹介

amahikasです。
2015年にauからIIJmioにMNPをしましたが、今年auに戻ることを決意しました。まあ、はっきりいうと3キャリアに負けたというわけです(笑)
本記事ではIIJmioからauにMNPをするときの手順とauに戻ろうと決めた理由について書いていきます。

左からiPhone 6s、X、XS Max

auに戻った理由

まず、IIJmioを離れようと思った理由から書きますが、通信速度だけが不満でした。価格とプランにはとても満足しています。サポートに頼ることはありませんでしたが、Twitterでも公式アカウントがいち早く新しいOSへの対応状況を配信してくれるなど、安心感がありました。
唯一の不満の通信速度ですが、最初は人が多い昼間のオフィス街だけで感じていたのが、徐々に範囲が広がりました。現在は、朝夕の通勤時間帯まで遅くなるようになったため、これ以上使い続けるのは厳しいと感じました。

IIJmioを離れる際にどこの回線を使おうか非常に迷いました。以前にも乗り換えを検討をしたUQ Mobileは相変わらず魅力的なプランがないのと、二年縛り且つ更新月が存在し、キャリア(docomo、au、Softbank)と変わらない売り方をまだしています。

amahikasです。MVNOネタは久しぶりですね。 これまでの経緯をおさらいしておくと、私は2015年にauからIIJ mioにMNP...

今回、キャリアを含めて検討をしても価格的な魅力にも欠けるのでやめておきました。
次に検討をしたのはauプランのあるmineoです。mineoはデータ量の選択肢が豊富で、パケットシェアも可能です。12ヶ月以内のでMNP転出には高めの手数料が発生しますが、12ヶ月使えばいつでも転出ができるのは魅力です。
最近の通信速度について色々と調べて回ったんですが、IIJmioとあまり変わらないかなという印象を受けました。私がIIJmioにMNP転入する頃は他社よりもいい速度を出していた記憶があるんですが、ユーザー数が増えてしまったんでしょうかね。
それとmineoは「通信の最適化」という名目で、データ量を減らすためにユーザーの画像データや動画データを劣化させて伝送しているというデメリットもありました。現在は、通信の最適化をしないように選択ができるようになったようですが、現時点で契約をするのは早計と判断しました。

他のMVNOも調べてみましたが、どこも同じような通信速度という印象でした。やはり3キャリア(docomo、au、Softbank)に次いでUQモバイルとワイモバイルという3キャリアのサブブランドが速いようですね。

次に3キャリアの比較ですが、Softbankは社用のiPhoneで使用しており、エリアに不満があります。docomoの回線を使っているIIJmioのほうが広いと感じたくらいです。
docomoは試算をした結果、auより高いプランしかありませんでした。それとIIJmioを使ってみて、エリアにも不満があったので、auにすることにしました。

IIJmioからauのMNP手順

今回の手順を簡単にまとめます。

  • 9月14日 auでiPhoneを予約(web予約)
  • 9月14日 auショップでプランの相談(店頭)
  • 9月17日 12時頃 IIJmioにMNP転出を申請(web申請)
  • 9月18日 23時頃 IIJmioからMNP予約番号発行完了のお知らせ(メール受信)
  • 9月22日 auでiPhone受け取り、回線の切り替え完了(店頭)
  • 9月23日 23時頃 IIJmioからMNP転出完了のお知らせ(メール受信)
  • 9月25日 IIJmioにSIMカードを返送

10日間くらいでMNP処理が完了しました。ほとんどの処理をwebかメールでできるようになったのは楽でありがたいですね。
プランとオプションの選択が相変わらずわかりづらいので、早めにauショップに相談をしにいきました。結果的に妻のiPhone 8を私が試算していたよりも安く契約することができたので、相談をしにいって良かったです。私が前にauを使っていた頃に比べると店員さんが各プランとオプション、キャンペーン内容をよく理解してると感じました。以前は、ユーザーも店員もよく理解できてなくて混乱を生んでると感じていたので、この点に関しては企業努力によって改善されてますね。
ただ、手続きにかかる時間はあまり改善されていません。ショップを運営するにもコストはかかるので、シンプルなプランにして店頭での手続きを減らす努力は続けて欲しいと思います。

それと、手続きが終わってからショップの対応に関するアンケートに回答して欲しいとメールで届きました。
このアンケートの内容がすごくて、スクリーンショットを残してないのが残念なんですが、ひとつひとつ細かに店員が提案をしたかとか、「待たせてすいません」という言葉があったかなど回答しました。au、もしくはKDDIの本社にいる人間がこういうデータを活用してるんだと思いますが、仕組みを考える本社の人間がよりシンプルなプランにすれば、誰もこんな苦労をしなくて済むわけですよ。それを偉そうにアンケートをとって安い賃金の店員を教育/評価する素材にするんでしょうけど、ユーザーからするとまるで頓珍漢なことをしてるなと感じました。

注意点

これといって注意点はないのですが、IIJmioからの転出をする際は以下に気をつけるといいと思います。

  • 最低利用期間を満たしているか
  • MNP予約番号発行までの日数
  • SIMカード返却

どこのキャリア(MNO)、MVNOも最低利用期間があると思いますが、IIJmioの音声通話用紙Mは12ヶ月が最低利用期間です。利用期間が12ヶ月に満たない場合は、違約金を支払う必要があります。
MNP予約番号は申請をしてから四日程度かかります。私のケースだと二日もかからずに発行してくれましたが、余裕を持ってMNP転出をするのがいいでしょう。
最後にSIMカードの返却をする必要がありますので、手元にしっかりと残しておきましょう。

まとめ

事前に下調べをした甲斐もあってスムーズにauにMNPすることができました。auのプランとオプション、キャンペーン内容がもっと簡単なら店頭に行くことはなかったので、もっと簡単且つ楽に移行することができました。プランの内容は昔よりも良くなってると思いますので、もっとわかりやすくして欲しいと思います。

テザリングオプションが有料なのも相変わらず納得がいかないですね。auとしては、月の通信量を制限してますし、直近○○日で通信量が○○GBを超えたら通信速度制限も設けてます。テザリングはauを始めとするキャリアが機能を追加しているわけではないので、オプション扱いはおかしいんじゃないですかね。IIJmioのようなMVNOも無償なのにいつまで続けるんでしょう?現在の政府は携帯料金を下げようとやっきになってますが、こういうところから攻めて欲しいです。テザリングオプションを有償にする理屈はまったくないですよ。瞬間的なトラフィック量が上がるからというならわかりますが、「直近○○日で通信量が○○GBを超えたら」通信速度を制限するんですよね?それならば瞬間的にテザリングによって通信量が増加してもなんの問題もないのではと思います。

auに戻ったとはいえ、3キャリア(MNO)にはまだまだ不満があるのが現状です。サブブランドでせこく稼いでるのも印象が非常に悪いです。現在の政府にお願いしたいのは、MNOによるサブブランド(MVNO)の禁止と、SIMカードのみの契約を作ってもらうことです。欲を言えば最低利用期間を設けて、2年や4年縛りも禁止をして欲しいところですが、MNOにいて桜蘭を考えてる人たちもかなり頭が良いので、裏をかかれる可能性があります。段階的にやって欲しいなと思います。

最後にIIJmioについて言及しますが、通信速度以外の不満点はありませんでした。IIJmioを始めとするサービスは安かろう悪かろうで問題ないと思いますが、さすがにいまは悪すぎると思ってます。
もう少しMVNOが通信速度を上げることが出来るようにしてバランスを取って欲しいと思います。個人的にはMNOのように20Mbps以上といった速度は求めていなくて、広いエリアと5Mbps程度の速度があれば十分と思ってます。

だいぶ、言いたいことも言えたので、今日はこの辺にしておきます(笑)
以下の記事も合わせて参考にしてくださいませ。

初めてのMVNOシリーズも今回で最後です。ここ二ヶ月ほどでこれまで使用していたauを離れてIIJmioにMNP…
iPhone Xを購入して五ヶ月が経ちました。 すでにいろんなレビューが出回っていますが、個人的に感じたことを書いていきたいと思います。...
amahikasです。 今年も新しいiPhoneが発表されましたね。個人的には大きなサイズがラインナップに追加されたiPhone 6の後に...
amahikasです。MVNOネタは久しぶりですね。 これまでの経緯をおさらいしておくと、私は2015年にauからIIJ mioにMNP...