自宅用小型スピーカー選び その1 JBL Authentics L8

amahikasです。
年初に書いたとおり、ポータブルオーディオ環境がそれなりに満足できる状態になってきたので、今年は自宅のオーディオ環境を強化したいと思っています。

amahikasです。 こちらでは初の記事となります。 1号館ともどもよろしくお願いします。 さて、2017年に欲しいものについて...

自宅にはAVアンプを中心とした7.1chのホームシアター環境と寝室用のBluetoothスピーカーがあります。
どちらもそれほどすごい環境ではないのですが、住環境の限界もあって自分なりに満足しています。

今年強化したいと思っているのはAVアンプがあるリビングにも寝室にも使えるような小型のシステムです。
可能であれば、昨年購入した開放型ヘッドホンのDT 1990 PROも気持ち良く聴くことのできるアンプが理想なのですが、私が考えている予算と設置スペースを考えると条件が厳しすぎるため、ヘッドホンアンプも兼ねることはあきらめています。
理想ということであれば、マランツのHD-AMP1とB&W CM5S2の組み合わせなんですが、予算も設置スペースもオーバーしてしまうのでもう少し先の楽しみとして取っておきたいと思ってます。(永遠に買えないかもしれないけど・・・)

選定条件

さて、今回探している製品の選定条件について整理しておきましょう。

  • 小型省スペース
  • 音はそこそこ
  • MacともUSBで接続が可能
  • 無線でも接続可能
  • ヘッドホンアンプとしても使えると尚可

自分の中でもまだ整理しきれていないのですが、AVアンプよりも手軽に使えてコンパクトな製品が大まかな条件です。
重視しているのは「小型省スペース」と「音はそこそこ」という点です。
住環境の制約もあり、「小型省スペース」はどうしようもないです。そのため、音質はそこそこでいいと考えています。前述の通り、AVアンプを中心とした7.1chのシステムもありますので、うまく使い分けることのできる音を出す製品が良いなと思っています。

機能的にはUSBや無線系でも接続できるといいなと思っています。
AVアンプよりも手軽に使えたほうがいいですね。
さらにヘッドホンアンプとしても使えると嬉しいのですが、ここまでいくと「小型省スペース」を実現するのが難しくなるのであまり重視していません。

最後に価格ですが、15万円以内で考えています。

候補

今回の候補ですが、下調べはしているもののあまり絞り込めていません。
また、調べていくと良さそうな製品がいろいろとあるので今後も候補が出てくると思います。
この分野はこれまであまり注目していなかったので新しい出会いがあるのは面白いです。
昨年に下調べをした段階での候補は以下のようになっていました。

  • マランツ M-CR611
  • Olasonic NANOCOMPO NANO-UA1a
  • ORB JADE Soleil
  • JVC EX-NW1
  • JBL Authentics L8

店頭で確認をしたところマランツのM-CR611は音は気に入ったもののサイズ的に難しそうです。ORBのJADE Soleilも同様。
JVCのEX-NW1はサイズこそ良かったものの音がダメでした。
OlasonicのNANOCOMPO NANO-UA1aはまだ実物を確認していませんが、スピーカーと合わせるとサイズ的に厳しい可能性があります。ただし、超小型でいい音を出すスピーカーがあれば、プリアンプとして使いたいと考えています。

そんなこんなでサイズ的にも価格的にも合いそうなBluetoothスピーカーのJBL Authentics L8を今回は試聴してきました。
BluetoothスピーカーというとB&WもZeppelin Wirelessを発売しています。
現在使っているJBL Chargeの後継機であるJBL Charge3は店頭で試聴済みで、音はそこそこ気に入っています。価格的にも二万円以下なので良い製品がなければこれでもいいかなと思ってます。
iRiverのLS150も店頭で試聴しましたが、中域と低域の量が少なく、メタルだけでなくいつも聴いているジャズのFourplayでも物足りなさを感じました。総合的に現在使っているJBL Chargeのほうが満足できました。

ということで、今回はJBL Authentics L8を試聴してきました。
試聴をしたのは六本木の東京ミッドタウンにあるHARMAN Storeです。

ここにはハーマンインターナショナルが扱っているJBLをはじめAKGやHarman Kardon、Mark Levinsonといったブランドの製品を試聴することができます。
店内も大型家電店に比べてとても静かだったので試聴しやすい環境と言えると思います。

試聴環境

今回はiPhoneとJBL Authentics L8をBluetoothで接続して試聴をしました。
iPhoneの音量は40から50で聴きました。それなりに広い空間で聴いたので出力不足と感じることはあまりないかなと思います。
試聴にはいつもの試聴曲を使っております。

前々からしつこいくらい私がオーディオの試聴に使う曲を紹介していますが、最近少し曲を入れ替えたので、この記事もア…

ちなみにAuthentics L8を店頭でペアリングする場合は、「JBL L8 Harman BT」とペアリングしてください。

Authentics L8と接続

先日、大型家電店で試聴をしようと思ったらペアリング待ちのBluetoothスピーカーが多すぎてうまく接続できなかったのでした(笑)

それでは次ページに試聴結果を書いていきます。